軽減税率論議

消費税の軽減税率。

消費税を10%に上げるのだけど、一部の食品だけ8%に据え置く制度。

その境界をどうするか自民党と公明党の与党間で綱引きをしている。

いっそ、10%に上げるのを止めてたらどうかね。

10%に上げたって、どうせ、お金足りないし、
足りないくせに、10%にあがったことを口実に、また無駄遣いするんだろう。

そんな諦め。


一人で観るべし

映画、さよなら人類、を観てきました。

なんの情報も無しに観にいって、退屈してしまったのですが、
後から、いろんな情報を知るに連れて、もう1回観る気になっています。

人間の愚かな行動を、皮肉った映画なのですね。

それを、普通の人は、ただただ見てるだけとか・・・。


こういう映画を誰かと一緒に観に行くと、
その後で、意見が全く分かれてしまって、関係がちぐはぐになっちゃうのかもね。



お歳暮

今日はこれからお歳暮のためにデパートへ。
先週行ったら、早過ぎたらしくて、お歳暮の会場のはずが、北海道物産展やってた。
北海道展は人気が高くて、人がごった返していて、
自分も何か買おうとウロウロ。

しめ鯖を自分で作ろうと、昆布?利尻昆布?が欲しかったんだけど、あれって高いんだねー。
1枚?か2枚?で、千円以上。
ボクの勘違いかな。
そんな高い昆布でシメサバ作るぐらいなら、しめ鯖の良いのを買っちゃうよね。

ロイズのチョコも買うには早いし(何に?)。
生キャは、今更な感じだし。
結局何も買わず。

その日は、ユニクロでズボンを買っただけだった。

いよいよ今日こそ、当初の目的のお歳暮をやっつけなきゃ。
ついでに映画も見るべし。

暗く遠い街

いまどき、高速道路で1時間も走れば、100キロ先まで行ける時代。
住んでいる県は、同じ県内で普通に国道を走っているのに、着くまでに2時間かかるところがある。

昨夜は、その町まで出かける。
市町村合併で大きな市の一部になったとはいえ、以前は町の中心だった会場へ行ったのだけど、
時間をかけて着いたところは、とにかく暗い。
わざと暗くしているのか?と思えるぐらい、明かりが足りない気がする。
駐車場の入り口も目を凝らさないとわからないし、
イベントが終わって、駐車場を出ようとしても、出口はどこだっけ?と不安になるぐらい、暗いのだ。

田舎暮らしはできないな、、、、と、都会からみるとずっと田舎に住んでいるくせに思ってしまった。




お盆

最近は、平日でも朝まで起きていることがあるので、
連休といっても、特別に夜中まで遊ぼうとか思いませんが、
やっぱり今夜は、飲みに出ようかな。

でも、年末に向かって節約もしなきゃ。

街に出ると、きっと、夜の街にも出たくなるだろ。
ぐっとこらえて、自宅で、バーベキューでもするか。
バーベキューしやすいような環境を整えようかな。

風に飛ばない物で、テーブルなんかがあると便利なはず。
あと、流し・・とか。
生ごみ系を表流水に流すのは問題だろ。
やめておこう。


大きめのお盆があるといいな。
お盆って言い方は古い。
今は何て言うんだっけ??

負けた理由

野球、残念でした。

負けた理由は何でしょうか。
たぶん、予選の段階で、負ける経験をしなかったからでしょうね。
終盤にドタバタしても、
結果的に抑えたり、結果的にタイムリーが出たり、、
そんな試合、多かったですから。
観ているほうが、ワクワク、ドキドキで楽しかったのですが、
ああいう試合が続くと、
結果的に何とかなるんだ、
と思ってしまって、対策が遅れたのかもしれません。
予選の時に、一回でも負けていたら、ずいぶん、違ったでしょうけれど、残念です。

負けないと強くなりませんから、
また次に期待しましょう。



大動脈瘤破裂

医療の進歩もあるし、日本は保険証があればお金がなくても普通に病院にかかれますから、
なかなか、死なないで済むようになりました。

というか、死のうと思っても、余程の状態でない限り死ぬことはない、とも聞いたことがあります。
ただし、その、余程の状態で亡くなったのに、どうして死んだんだ、と文句を言う方もまた多くなってきたそうです。

それで、なかなか死ねなくなった日本でも、
心臓や血管が壊れちゃうと、急死してしまうそうです。
阿藤快さんも、急に亡くなられて、周りの方は、現実を受け入れがたいでしょうね。
私のように、見ず知らずの他人でさえ、その死は、パリのテロよりもずっと身近に感じます。
日本は、テロで亡くなるよりも、やっぱり病気に心配を優先して良い国ですからね。

聞くと、もともと血圧が高かくて、この頃は、あちこち痛みがあったとのこと。

病院へ行っていれば・・・と思います。

ただ、亡くなった時は、あまり苦しむことはなかったのではないでしょうか。
夢を見ながら・・・、だったのではないかと、勝手に想像しますが、
そんな亡くなり方は、自分的には理想的な死のような気もします。

解説で左右されるから。

ドミニカ戦。
勝ちました。

見始めたのが7回表の途中で。
いきなりツーランを打たれたシーンでした。
あれは小川投手の失投でしたでしょうか。
終わってみれば、あの2点だけに抑えたのですから、立派なもんですね。

筒香選手のエラーは、生では見損ねましたが、
VTRでみると、あのGG佐藤選手の落球を見るおもいでした。
○○先生に出ていましたが、
エラーが問題ではなく、結局、周囲との人間関係が、その前後に影響するのだと、
今回の試合を見て痛感しました。

昨日と今日のヒーローは中田選手でしたが、
4番の中村選手のスィングは頼もしいと思います。
次のヒーローになって欲しいですね。

この試合の解説者のN氏には、がっかりさせられます。
監督されてたのですよね。
ノリが今時では無い古い感じがしました。
それからいくと、昨日までの解説の古田氏や前田氏の解説は良かったですね。
理論的でいて、選手の気持ちに寄り添って、最後はファンと一緒に祈る、
そんな解説でしたね。

解説によって、試合の質が左右されるはずも無いのですが、
テレビで見ている側にとっては、とても大切な要素です。
TBSだから、当分はN氏は、しょうがないか(笑)。



ポーカーフェイス

当たり前のように思うけれど、
プロのピッチャーって顔色変えないね。
昨夜の試合で、ヒットを打たれた後の澤村を見て思った。
あれって、すごいな。
あの場面で喜怒哀楽なんかが表情に出たら、チームも浮足立っただろう。

気持がすぐに表情に出るピッチャーは少ないから、
一流の選手ほど、野球を始めた頃から、そういうのは徹底されてるのだろう。

かっこいい。

飛んだねー。

この間は、真央ちゃんが飛んだけど、
今度は、国産ジェット機が飛びましたね。

最初は、苦労するだろうけど、
何十年かしたら、日本の車のように、世界に信用されるブランドになってほしいね。
そのためには、機体よりも、
機体を維持するバックアップ体制が大事なのかな。

飛ばしたり、事故の経験がないと、対応するノウハウは得られないから、
まだまだ、これからだけどね。



2千万円

大学の名誉教授が元暴力団関係者から10年前に2千万円借りていた、ということで問題になっている。

暴対法で、暴力団と取引関係にあるというだけで、法律違反になるのだろう。
名誉教授の立場がどうなるかは、特に興味はないのだけど、
2千万円借りて、この10年間、特に返済していない、という事実に、ボクなんかは驚愕する。

2千万円だよ。
2千円じゃないんだよ。

今だったら、毎月いくらぐらい返済することになるんだろ。
たぶん、毎月20万円ずつ、ぐらいを返済しないといけないと思われるね。
きついなー。

報道のニュアンスから推察するに (←自分の勝手な想像ということだけど)
返せと言われれば、それぐらい返せるけど、何か問題でも?
という感じじゃないのかな。

もうそろそろお迎えが来そうな年齢になって、
そんな感じの金額で、世間から騒がれるのも、なんだかな、って思うね。

返さないでいい、と言われたら、
貰ったと同じことになるから、
それは、きっと、何か見返りがあってのことだろ、と勘ぐるところだけど、
この人は、「返済を要求されないのは、いい人だから」と思っちゃうところが、すごいね。
そのノリで、生きていける世界があることにもびっくり。

ああ、自分の借金も、チャラにしてほしい。


酒量を減らしたい

ほぼ毎日焼酎の水割りかお湯割りを3杯ずつ飲んでいる。
寄った気分にならないわりには、何となく、朝残っているようで、あまり良くない。
1杯ぐらい飲めば、酔い気分になって、そのまま寝てしまう、というのが理想的なのだけど、
飲めば飲むほど、だんだん、強くなっている気さえする(笑)。

あと、ツマミも同時に進むので、カロリーも取り過ぎているかも・・・。

何か、バランスが悪い。

お酒をやめて、紅茶でも飲むかと、紅茶もはさむのだけど、
お酒の量は変わらないので、あまり効果はないのかな。

お酒を飲む暇が無いぐらい、夜にする趣味があるといいのだけど。
株やFXはやればやるほど損するし・・。

お酒を飲みながらではできない趣味がいいけどね。

ダニー・コリンズ

ウィキには、コメディー映画と書いてあります。
笑える、と言うより、為になる良い映画でした。

いつもは客が5人もいないのに、この映画は10人くらい集まっていました(笑)。

家族は大事にしないとね。
その中で死んでいくのだから。

ロックスターで、お酒もヤクもしているのに、
調べてメモしたり、細かいことに気づくのが得意だったりするのが意外でした。







飛んだねー。

浅田選手、ちゃんと、飛べてましたね。
立派。
実況が「さすが、本番に強いですね。」と言っていたけど、
嘘は言っちゃいかん、勢いで言っちゃいかん、と思いました。

織田信成氏の解説も良かった。
何が良かったかというと、内容よりも、テンション。
まさかの松岡修造氏よりも、ハイテンション。
おとなしい感じの修造氏を初めて見た。

柔道、剣道、野球道・・・・。

道にならないうちが、スポーツは華かもね。

そんな、感想。

ミラージュ

車の名前にもありますが、今回は映画のミラージュ。

キレッキレのアクションが素晴らしい。
途中に挟まるコメディが面白い。
それが、やがて、切なくなる。

本人のセリフが少ない分、いろいろ考えさせられてしまう。

yahooの評価は4点でした。
僕は4つ半をあげたい。

高齢者の暴走事故

報道が最近増えてきた。
対策として、自動運転車の普及など、いろいろ言われている。
ただ、携帯やスマホでわかるように、そういうハイテクなのが、高齢者に普及するのは、一番最後になるから、
ハイテクを使った高齢者の暴走運転の対策は効果は期待できない。

認知症に限らず、
脳の病気は難して、
本人が制御できなくなると、もはやお手上げで、周りの人はとことん振り回される。

傍から見るとそうは見えないのだけど、
本人に悪気はないし、
どちらというと、「一生懸命考えている」状態かもしれない。
必死に考えて、焦っている状態で、暴走してしまう。

対応の、ボケたら免許を取り上げよう、というのでは遅過ぎるのだ。
呆ける前の、まだしっかりしている段階で、返上してもらうのが、対応策として有効と思う。

車が無いと生活に不便、ということもあるだろう。
そういう不便も、認知症になってからでは、どうにも対応できない。
脳がしっかりしているうちに、そういう不便を共有すれば、おのずと解決策は見えてくると思うし、
そうでなけば、まさに、お手上げ、するしかない。



0

小保方氏問題

早稲田大学。
いったん博士号を出しちゃったのに、
その後で、取り消すなんて、ひどいと思う。

若い頃は有望と思ったけれど、後になると、大した研究者じゃなかったね、
なんていうことは、よくある話と思う。
というか、大した研究者にならないケースのほうがほとんどで、それでダメかというと、そういう大したことな人たちが日本を支えているのだから。
博士号を出しちゃった教官?というか先生たちが処分されるのは分かるけれど、
学生のほうを処分するなんざ、本末転倒じゃないだろか。

責任が自分たちに及ばないように、トカゲの尻尾を切ったようにしか見えないけど。

それにしても、この問題。
世間は大好きみたいだね。
他にちょうと良いターゲットが見つかるまでは、まだやるのかな。

もう、放っておいてやれよ。

窪美澄・・

氏の本を初めて買う。

ストーリーは、
普通の家庭なら、高校生で、ああはならないと思ったりする。

だけど、今や、普通というのは難しくて、
いろいろ問題を抱えているほうが多いのかもしれない。

さて、結末は。

きゃはんじゃぶ

一昨日から急に冷え込んだと思ったら、今日からは寒さが緩むそうです。

今シーズン初めてズボン下を出したのですが、
履くにあたって、けっこう、葛藤がありました(笑)。

まだ11月ですからね。
ホントに寒くなってきた時どうするんだろう、、、と。

ズボン下、って呼び方がたくさんあります。
その一つで最も古いのが脚絆(きゃはん)ですか?
なんてたってアイドル、いや、なんてたってズボンが無かった時代から存在するのですから。

サザンの初期の歌に、c調言葉にご用心、という曲がありますが、
あれに脚絆jobという言葉が出てきます(嘘)。

どんな仕事なんでしょう。


、、、そんな着地点。